犬の口内ケアについて

犬の口臭を消す方法!原因と対策で愛犬の口内ケア!

愛犬の口のニオイの変化は体の異変サインになっている可能性が多いです。今までは大丈夫だったけど口臭がキツくなってきた…なんて場合はしっかりと予防・対策をしていきましょう。ここでは愛犬の口臭のニオイでどんな症状が予想されるのか解説をしながら愛犬の口内・口臭ケア対策をご紹介していきます。

犬の口臭が生臭い場合

口腔内、所謂、口の中が乾燥しているケースが考えられます。口内の水分不足になると犬は唾液がドロッとして口臭が発生する原因と言われています。このような場合、犬の口臭は生臭さ、魚臭さがするケースが多いです。

口腔内が乾燥するケースとして飲む水の量が少ない…鼻炎によって口を開けている状態が長い…夏場などは体温調整で口呼吸をするので乾燥がしやすい…など考えられます。

まずは愛犬が適量の水分補給をしているか…また部屋の温度が熱いと口呼吸で体温調整をするので室温も愛犬にあった適温を維持するようにしてあげましょう。

犬の口臭が腐敗臭の場合

犬の口臭から腐敗臭が漂う場合は歯周病や口腔内の疾患が疑われます。犬の口臭原因で最も多いのは歯周病と言われており、歯周病になると歯垢、歯石、歯周病によって出来た膿などによって口から腐敗臭のような臭いが発生すると言われています。

また考えられる口腔疾患は様々あるため、歯垢や歯石が溜まっているようなら動物病院へ行って適切な処置をしてもらいましょう。歯垢、歯石がついた状態で放置していると歯周病が進行してしまい歯がぐらついてきたり、口臭もキツくなっていきます。

犬の口臭からアンモニア臭がする場合

犬の口臭からアンモニア臭がする場合、肝臓や腎臓が正常に働いていないケースが考えれます。獣医の診察を受けて適切な処置を心がけるようにしましょう。

犬の口臭がすっぱい場合

口臭がすっぱい臭いの場合は胃腸の不調が現れている可能性が考えられます。この場合も胃腸に何かしらの疾患を抱えているケースが考えられるので獣医に診察してもらい対応をしていきましょう。

その他、口から酸っぱい臭いが出るケースとして空腹時間が長い事が挙げられます。

犬は長い時間、空腹でいると胃酸過多となってしまい嘔吐する場合もあります。おやつなどを小まめに与えて空腹時間が長くならないように調整していく事が大切です。

愛犬の口臭ケア予防や対策

口臭がキツくなってしまってからでは何かしら犬が疾患を抱えているケースも存在します。できるだけ日頃のケアを習慣化して予防をしていく事が口臭ケアに繋がり、犬の健康面も維持できる方法となります。

歯磨きや歯肉マッサージ

口腔ケアの第一として愛犬の歯茎や歯に歯垢や歯石をつかせない為、歯磨きや歯肉マッサージを習慣化して行ってあげましょう。ただ、歯磨きは嫌がる犬も多い為、本来なら子犬の時から始めて慣れさせておく事が大切。

思うように歯磨きやマッサージをさせてくれない…また手の届きにくい奥歯などをケアする場合は犬用歯磨きとも言われるガムやペースト、ふりかけタイプのケア用品を用いて対策していく事も大切です。

歯石を除去して歯周病ケア

人間でも歯石がつくと虫歯になりやすくなったり、歯周病になったりします。犬も同じです。定期的に犬の口内をチェックして歯垢や歯石が溜まっているようなら病院へ行き、除去をしてもらいましょう。

歯垢や歯石は細菌のかたまりです。
これを取り除く事で歯周病の進行を抑えて、健康な口内を作っていく事ができます。

長く健康な歯で美味しくご飯を食べてもらう為、定期的に愛犬の口内をチェックする習慣を飼い主側もつける事が大切。

歯垢になりにくいドッグフードを選ぶ

ドッグフードを大きく分類するとドライタイプとウェットタイプがあります。愛犬の歯の健康を考えるのであればドッグフードは『ドライタイプ』を選ぶようにしましょう。

ドライタイプはウェットタイプに比べて歯垢になりにくい。噛む力を必要とする為、歯茎や歯を鍛える事ができます。

現在は歯磨き効果のあるドッグフードも販売されていますので、原材料などを見て安心して使用できるドッグフードであれば口腔ケアの事も考えてドッグフードの変更も視野に入れてみましょう。

サプリメントや犬用歯磨き粉で口腔ケア

犬の健康は口内の健康が考えたサプリメントや歯磨き粉が多く販売されています。日常の歯磨きやマッサージを嫌がる愛犬にはこういったアイテムを利用して口腔ケアしていく事も一つの方法となります。

特に口腔内の善玉菌を含む物には口臭予防、虫歯予防、歯周病予防などが期待する事ができます。

サプリメントや歯磨き粉は錠剤タイプ、ペーストタイプ、ジェルタイプ、粉末タイプなどあります。原材料が安心なものでドッグフードの味を損なわず愛犬と相性が良く、続けていける価格の商品を選ぶようにしましょう。